>  > 高級デリヘルでお店が依存してしまうこと

高級デリヘルでお店が依存してしまうこと

高級デリヘルを経営するに当たって非常に困難なのがキャストの確保なのではないでしょうか。一個人として言えるのは中途半端な容姿の女性は採用できないと言うことです。それはもちろんですよね?私が言う前にそれは当たり前と認識している方はほとんどだと思います。ここで考えて頂きたいのか、何が「高級デリヘル」なのかと言うことです。根本的に高級感を語るのであればそれはお値段や雰囲気を指すことでしょう。しかし、ここで語るのは「高級デリヘル」です。この値段や雰囲気以外で言えば、性的なサービスを提供しますのでその点で言えば雰囲気は被るのですが、風俗店では女性が商品です。商品が高級という意味を含んでいますので単純に考えて、女性が高級=容姿端麗、と言うことです。では可愛い、綺麗な女性なら誰でも良いのか、と思いますがそうでもないんです。可愛い、綺麗というだけでは高級デリヘル店は勤まりません。では何が必要かと言われれば、雰囲気がかなり重要なのです。例として、背の低い顔が童顔だけど可愛い女性と背の高い大人な色気を出している綺麗なお姉さんのような女性であればどちらに高貴な気品を感じますか?二人ともドレスを着ていたとしてどちらに高貴な雰囲気を感じますか?恐らく半数以上の方が後者を指すでしょう。この例で挙げたように、ただ可愛い、綺麗なだけでは駄目なのです。お店の方もそれは百も承知のはずです。化粧や衣装でいくらでも誤魔化せますが、風俗店でのサービスはフルヌードが多いです。衣を羽織っていない女性に何を感じるんでしょうね。若くて可愛い女の子でもスタイルの良い綺麗な女の子でも感じられるのは一緒です。それは雰囲気です。そういった雰囲気を兼ね備えている女の子がこの世に何人いるでしょうか。ましてや風俗業界で働きたいと思ってくれている女の子ははたして全国に何人いるのでしょうか。恐らく一般的なデリヘル店で働きたいと思っている女の子の半数以下だと思います。一般的なデリヘル店で働きたいと思っている女の子よりも高級デリヘル店で働きたいと思っている女の子の方が、現状はもっと少ないかもしれません。高級デリヘル店の運営者は採用した女の子に必ず依存します。それは希少価値がかなり高いからです。例えば、高級デリヘルに勤めている女の子でかなりレベルの高い女の子で高級と謳っても申し分ない女の子だとします。その女の子が働いてくれるから高級デリヘルを運営していける、抜けてしまえば一般的なデリヘル店のレベルで高級デリヘルを謳っていかなくてはいけない。

[ 2015-09-02 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

高級デリヘル【W STYLE(ダブルスタイル)】